サバ缶&ヒジキ 簡単ダイエットレシピ! その効果は…

公開日:  最終更新日:2013/10/05

簡単にダイエットができるレシピがあれば、誰でも嬉しいですよね。

サバ缶&ヒジキを使ったレシピ
もしかしたらそれに近いかもしれませんよ?

…というのも、ビートたけしさんがメイン司会をやっている「みんなの家庭の医学」で痩せるホルモンとして注目されている「GLP-1」というのが紹介されたました。

「GLP-1」というホルモンが多く分泌されている人は、
食事制限も運動もしなくても太りにくい体質になっているんだとか?

この「GLP-1」ホルモンを効果的に脳から出す手助けしている栄養素が
食物繊維が豊富で低カロリーな「ひじき」と「サバ缶詰(サバ缶)」に多く含まれている「EPA」

「GLP-1」を一度に摂取できるサバ缶&ヒジキを使った料理なら、
試してみる価値はありそうですね?

ちなみに…「EPA」というのは、エイコサペンタエン酸のことで、
肥満の原因と言われている中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させて、
善玉コレステロールを増加させたり、血液をサラサラにするうれしい働きをしているとか?

「EPA」は人間の体内で合成することができない脂肪酸ですが、
サバなどの青魚に豊富に含まれているようです。

この「EPA」というのは、
サバをそのまま食べるよりも缶詰に加工された状態の方が
効率的摂取できるそうですよ?

Sponsored Link

【サバ缶&ヒジキ 簡単レシピ】
1.サバ缶とヒジキの簡単サラダ
■材料(4~5人分)
サバの缶詰:1缶
ひじき:一つまみ程度
水菜:1束
マヨネーズ:適量
中華ごまドレッシング:適量

■作り方
1.ヒジキをお湯で戻します。
2.ボールにサバ缶の中身を出し、バラバラにほぐします。
3.水菜を食べやすいサイズに切って、(2)と混ぜます。
4.(2)に(1)を入れ、マヨネーズ、ドレッシングで味を整えれば完成です。

2.サバ缶とヒジキの簡単ふりかけ
■材料(1缶)
サバの缶詰:1缶
ひじき:大2
生姜みじん切り:1かけ
にんにく:1かけ
長ネギ:適量
砂糖:小2
醤油:大1
酒:小2
白ゴマ:大2

■作り方
1.ボールにサバ缶を汁ごと出し、バラバラにほぐします。
2.長ネギ、生姜、にんにくをみじん切りにして、フライパンにごま油入れ炒めます。
3.(2)に(1)混ぜ、酒、醤油、砂糖を加え、パラパラになるまで弱火でかき混ぜます。
4.汁気がなくなったところで、白ゴマを加えれば完成です。

※電子レンジ(600W)で3分程度の時間に分け、
箸などで混ぜながらパラパラになるまで加熱してもOKです。

ではでは…

【おまけ EPAの効果・効能】
・脳卒中の予防
・高血圧の予防と改善
・動脈硬化、心筋梗塞の予防
・高脂血症の予防と改善
・アレルギー症状の予防と改善
・慢性関節炎などの炎症性疾患の改善と予防

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑