心筋梗塞 狭心症の症状と原因は? 前兆の見つけ方と検査方法は?

公開日:  最終更新日:2013/10/05

心筋梗塞と狭心症は「隠れ心臓病」ともいわれ、ためしてガッテンなどの生活情報番組でも特集されることがありますよね?

あるデータによると隠れ心臓病による突然死は、就寝中が最も多く、
次に休養・休憩中、排便中に起こりやすいと報告されてます。

故地井武男さんも狭心症の病歴があったみたいですね。。。

隠れ心臓病の前兆となる症状は…

・階段や坂道を登ると胸が痛くなる、息切れや動悸がする。
・脈が不規則になったり、止まるような感じがする。(不整脈)
・横になったり、夜床につくと呼吸困難なことがある。
・急に頭がボーっとなったり、意識を失ったことがある。
・手足がむくみやすい。
・歩いていると足がしびれて痛くなる。
・冷や汗をかきやすい。
・肩や奥歯に痛みがある。
・めまいを起こすことがある。

肩の痛みや奥歯の痛みなんかは、見過ごされることが多いので、
要注意みたいですよ?

次のような人は特に隠れ心臓病に注意が必要だとか?

・多忙でストレスが多い、イライラすることが多い方
・喫煙者
・高血圧の人
・糖尿病の人
・血中コレステロールが高い人
・肥満の人
・家族に心臓病や突然死した人がいる人
・痛風の人

【狭心症と心筋梗塞の違い】
狭心症と心筋梗塞はどちらも心臓血管の疾患です。

…が、狭心症は心臓の冠動脈が段々と細くなって、
血の流れが悪くなります。

症状もたまに胸が痛くなる程度で、時間をおけば痛みも治まるなど、
症状がわかりにくいのが欠点です。

Sponsored Link

心筋梗塞は血管が詰まることで、心臓の血管を腐らせ、
心筋の壊死を引き起こして心臓の動きを止めてしまいます。

狭心症よりも心筋梗塞の方が危険な病気です。

【狭心症と心筋梗塞の特徴】
狭心症の特徴は…

前胸部に痛みや圧迫痛があります。

胸痛というのは心筋梗塞も同じですが、
狭心症の場合は安静にしていたら短時間で治まります。

心筋梗塞の特徴は…

突然、強い胸痛に襲われ、
痛む時間も30分以上と長い事が多いです。

【狭心症と心筋梗塞の検査方法】
狭心症、心筋梗塞ともに問診と一般検査(心電図、胸部X線検査、血液検査)を行い、疑いのある場合には精密検査を行います。

精密検査の方法は、運動負荷心電図、心エコー検査、24時間(ホルター)心電図、心臓カテーテル検査など

造影剤を使用した心臓カテーテル検査を行えば、
ほぼ正確な状況が把握できるそうですよ。

【狭心症と心筋梗塞の治療方法】
狭心症と心筋梗塞は、どちらも心疾患です。

…が、狭心症にはニトログリセリンといった薬が有効ですが、
心筋梗塞にはニトログリセリンの効果はありません。

心筋梗塞については、薬物療法・カテーテル療法・手術療法があり、
薬物療法は予防・対策に用いられることが多いようです。

カテーテル療法・手術療法は緊急性が高い場合に行われます。

「隠れ心臓病」ともいわれる狭心症と心筋梗塞…

ちょっと体調が変だなぁぁ???と思ったら、
早めに病院で診察を受けることが一番の予防・対策です。

ではでは…

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑